マンション購入あれこれ>住宅ローンの種類を知っておこう!

マンション購入時に多くの人が利用する住宅ローン。
そんな住宅ローンには三種類あるのをご存知でしょうか?
それは変動制金利、固定制金利、条件変動金利。
この三種類の住宅ローンですね。

固定性というのは言ってみれば
最初から最後まで住宅ローンの金利が変化しないものです。

変動性は世間の景気情勢によって変化していくというもの。
条件変動金利は少々ややこしいですが、初めの何年かは固定制金利で、
その後は状況によって変化していくというものです。

これらにはそれぞれメリットとデメリットが存在します。
まずは固定制金利。これは最初から最後まで金利が変動しませんので、
住宅ローンの契約締結時の金利で最後まで支払い続けるものです。

これは、もしも契約締結した後に金利が高くなると、
とても得をするものでもありますし、逆に契約締結後に金利が下がれば
損をした気になってしまうでしょうね。

変動制金利。これは世の中の契機情勢に左右されるものです。
これのメリットは金利は常に世の中の水準のほぼ平均値になりますので、
得をする事もなければ、損をした気分になる事もないでしょうね。

最後の条件変動制金利。
これは、初めは固定した金利でその後は状況次第というものですので、
初めの期間の金利が大きくものを言うでしょうね。

inserted by FC2 system